お問い合せ
絞り流量計とは

近年、数多くの流量計が開発されるなかにおいても絞り流量計は各種産業用流量計として数多く使用されており、その計測方法はオリフィス、ノズルなどを管路中に設置しその前後に発生する圧力差を計測する事で管路内流体の流量を算出します。


その測定原理はベルヌイのエネルギー式、レイノルズの相似形などに根拠を持ち、信頼性が高く評価されており、被測定流体の圧力(P)、温度(T)、比重量(γ)、粘度(μ)、湿度(ψ)、に対する物性値補正、管内径(D)、絞り比(β)、差圧取出しタップ位置に対する幾何学的流体相似則に基づく、流出係数(C)、膨張係数(ε)等の計測補正が理論的に確立しているために信頼性がさらに高く、使用頻度の高いものについては各国規格(JIS、ASME、ISOなど)に制定されております。





TOP

Copyright (C) TOKYO METER CO., LTD. All Rights Reserved.