お問い合せ
空冷却渦電流式電気動力計
EA−L型

特長

・動力吸収で変換された熱量は空気放熱冷却される構造のため設備負担が軽減。

・主軸回転部、本体揺動部は高精度ボールベアリング採用により、摩擦抵抗が極めて少ないので高精度のトルク測定が可能。

・トルク測定の力量計には高精度ロードセルを採用し電気的に計測。

・自動制御装置の取付けが容易で、動力計本体異常センサー信号により動力計をすばやく停止させるインターロック内蔵。


用途

・小型原動機(エンジン、水車、風車)の性能、耐久試験。

・小型原動機の付属機器(発電機など)の性能、耐久試験。

・チェーン、ベルト、増減速機の性能、耐久試験。


EA−L型仕様
型式 最大吸収
馬力
kW
(PS)
最高
回転
速度
RPM
最大吸収
トルク
Nm
(Kgm)
慣性
モーメント
GD2
(J)
芯高
mm
アンカー
サイズ
重量
kg
EA-4-L 2.9(4) 5000 28.4(2.9) 0.1488 335 4-M14 130
EA-7-L 5.1(7)
EA-10-L 7.4(10)


EA−L型主要寸法

型式
EA-4-L 400 410 335 4-Φ15 250 240 610 540 238.9
EA-7-L
EA-10-L


EA−L型空冷却渦電流式電気動力計性能曲線




TOP

Copyright (C) TOKYO METER CO., LTD. All Rights Reserved.