製品紹介

制限オリフィス

制限オリフィス

  減圧、流量制限を目的とするオリフィスです。
  流体の条件によりいくつかのタイプがございます。

単孔プレート

弊社では流量計測用オリフィス計算をベースに設計・製作を行っております。(ただし気体の高差圧の場合についてはソニック計算を用います。)
  また液体における高差圧の場合、キャビテーション、フラッシングが発生することがありこの場合は徐々に圧力を落とす多段型(写真最下段)にて設計・製作致します。

多孔プレート

キャビテーションを起こしやすい条件下で使用される制限オリフィスです。
  絞り孔を分散配置することで下流に発生する気泡のエネルギーを分散させて騒音、エロージョンを低下させます。
  また、流体を攪拌、混合させる目的でミキシングオリフィスとして使用されることもあります。

多段制限オリフィス

高温液体や低温でも飽和蒸気圧力の高い液体の場合、高い差圧にて減圧するとキャビテーションを起こし配管などにダメージを与えたり、過大な騒音の原因となるため制限オリフィスを直列に配し徐々に圧力を落とすことが一般的です。

弊社では両端フランジ型多段制限オリフィスの他、配管内部に挿入できる挿入型多段制限オリフィスもございます。

また、ご希望の形状がある場合ご相談にて製作いたします