製品紹介

オリフィスリング&プレート

環状室構造のリングを用いるオリフィスです。
  プレート上下流面より それぞれ0mmの位置より差圧を取出し計測する方法でコーナータップと呼ばれているものです。
  オリフィスリング自体に差圧の取出しが付いていることから、設置が容易なため広く利用されておりますが、構成部品数が多い、構造上リング-オリフィスプレート間のガスケット幅がないなど高温や高圧には不向きなため、比較的低い温度、圧力にて使用されており、フランジ規格では20K/300lb程度までの使用となります。
  (高温、高圧の場合はブロックオリフィスをご使用下さい)
  寸法については各フランジ規格のボルトピッチサークル内に収まるように設計されておりフランジ規格の JIS、JPI、ANSI 等の規格に合ったものを標準品として製作致しております。
  (特殊なサイズについても別途ご相談にて製作致します)